日進市の大場はりきゅう接骨院はお客様の様々なお悩みを改善する施術を行っております

坐骨神経痛

多くの方がこれに悩んでいます

坐骨神経痛

腰痛の症状に悩んでいる人の中には、椅子に座るとお尻にピリッと痛みを感じたり、ふくらはぎやすねがつっぱった感じや痛みを感じたりするなどの症状が一緒に現れる場合には坐骨神経痛によって起こる症状かもしれません。

 


坐骨神経痛とは
坐骨神経は背骨の腰椎から足先に伸びている靭帯の中で一番長い末梢神経です。
坐骨神経痛は、この坐骨神経のどこかの部分が圧迫されること、刺激を受けることで腰痛だけでなくお尻の痛みやしびれ、太もものしびれやふくらはぎの張りやしびれによる歩行困難になることや歩きづらくなる症状を言います。
症状が現れる場所や症状の程度には個人差があります。


坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛は、背骨のうちの腰にある腰椎に何らかの炎症が起こる疾患が原因となって起こるものと、レントゲンとMRIの検査では原因がはっきりと分からないものの大きく二つに分けることができます。

 


腰椎の疾患
加齢や肥満、姿勢の悪さ、疲労の蓄積、スポーツなどで腰椎に炎症を起こし坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛の症状が現れます。坐骨神経痛の症状が現れる疾患には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、腰椎すべり症などの疾患があります。

 

原因が分からないもの
坐骨神経痛の症状が現れるものの中にも病院でのレントゲン検査やMRI検査を受けても特に異常が見つからないことがあります。
この場合はいくつかの要因が考えられ、肥満で腰椎に負担をかけていたりスポーツで腰椎がずれかかっていたり、冷え性やストレス、疲労の蓄積など生活習慣が関係している場合があります。

 

坐骨神経痛の予防法
坐骨神経痛を予防することは腰椎の疾患を予防することにもつながります。腰椎に起こる疾患は加齢など年齢によって起こる場合もあり避けられない部分もありますが日常生活を見直すことで予防できる場合もあります。

 

肥満の解消
背骨は上半身を支える役目をしており腰椎は上半身の体重を支えています。肥満になると腰椎には通常よりも大きな負担がかかってしまうため腰椎の疾患を引き起こしてしまいやすくなりますので減量を心がけましょう。

 

冷え性の改善
冷え性になると体の血の巡りは悪くなってしまいます。冷え性を改善することで血管は拡拡張し神経痛の症状は軽くなる傾向にありますので、冷たい物の取りすぎや肌の過度の露出は控えましょう。

 

運動やストレッチの機会を作る
肥満予防のために運動をすることや腰周辺のストレッチをして腰痛を予防することで坐骨神経痛の予防にもつながります。無理のない範囲で運動やストレッチを行い健康維持にも努めましょう。
 


 

 

日進市にある大場はりきゅう接骨院/おおば整体院では坐骨神経痛や腰痛治療・足のしびれなどの症状にお困りの方に整体・鍼灸治療を行っています。
辛い症状にお悩みの方は是非一度、当院にお越しくださいませ!